テーマ:大阪府泉南

大阪府泉南を歩く9(岸和田市1商店)

岸和田市は、多くの近代建築が残されているが、余り紹介されていないもの中から、 理容ナカムラ(筋海町6)T/木1 西出書店(本町1-20)T5/木3 今までこの店の前を素通りしていたが、『大阪府の近代化遺産』の巻末一覧に掲載されていたものです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪府泉南を歩く8(貝塚市2工場)

4,5年前に歩いたときのものですが、 南海二色の浜駅から海の方へ歩いたところの コスタモール二色浜(旧日華染織)(澤939)M末~T/煉 かつては大規模な工場のようでしたが、今はショッピングセンターの隅に2棟ほど再活用されて残っている。 岸和田市に近い津田川河口沿いにある 寺田紡績(旧寺田紡績工廠)(津田南町28-55…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪府泉南を歩く7(貝塚市1医院)

南海貝塚駅から北西へ伸びる商店街と大通りの交差点角にある 旧笠原医院(西町)S10代/木2 『大阪府の近代和風建築』掲載の建物で、目標にして行かないとウッカリ見落としそうな町家風だが、よく見ると窓周りが洋風で側面に丸窓もあり腰周りはスクラッチタイルで渋い医院である。 近木町の洋館住宅 元飲食店?
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪府泉南を歩く6(泉佐野市3工場)

西へ細い道を少し入った所に背の高い倉庫らしい建物が 旧宮内製粉所(元町3-7) 施設名は扉に残る右書きの痕跡に寄る。 整骨院の前の道を北へ行くと予定外の工場事務所に出会った。 西田製網所(元町3-7)T?/木1 中から出てこられた年配の方に尋ねると、「大正期に建てられた工場を戦後購入した」とのことです。裏に回ると煉瓦塀が残…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

大阪府泉南を歩く5(泉佐野市2銀行)

取って返して西へ戻り駅を超えて旧市街へ、駅からの商店街の突き当たりに 元町接骨院(旧近畿相互銀行佐野支店)(元町1-1) この建物は4年前に見に来ている。 写真では違いが分からり難いが、以前は隣の店の倉庫であったが元銀行の建物らしく落ち着いた感じだった(写真下)が、再活用されたのは喜ばしいが、柱にアルミ板が貼られ窓枠など主要部分が…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

大阪府泉南を歩く4(泉佐野市1学校)

南海泉佐野駅から東へ10分程歩くと 大阪府立佐野高等学校本館(旧府立佐野高等実践女学校)S13/木2 昭和9年の室戸台風で校舎が全壊して、木造で新築された。戦後、順次増改築がなされたが、正門前の職員室がある本館が残されている。現役の木造校舎は、大阪府内では唯一かと思われる。室戸台風後の復興校舎としては、他の自治体では鉄筋コンクリート…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪府泉南を歩く3(泉南市2(旧樽井町)工場)

垂井駅へ戻ろうと旧役場の北の細い路地を抜けると、家並みの間からレンガ壁が見える。嬉々としてさらに路地を通って大通りに出ると、改装されてはいるが三角屋根の元工場施設の一部らしい建物が表れる。近づくと 赤レンガRUi(旧西野紡績工場?) レストランでも無さそうだしよく分からない。帰ってWebで検索するとT期の西野紡績工場跡を再生した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪府泉南を歩く2(泉南市1(旧樽井町)役所)

南海樽井駅を降りて樽井小学校へ 武道館(旧樽井町役場)(樽井4-29-1)S4/木1 「武道館」の看板は見当たらず、室内では多くの子供が走り回っていました。保存状態は良くなく、背面の外壁が大きく破損して内部の骨材(木材)が露になっていました。「総覧」掲載の物件で、「樽井町史」(S30)によると〝昭和4年1月31日昭和紀念館(現役場)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪府泉南を歩く1(阪南市1銀行)

3dayフリー切符を使って、南海本線沿線を歩きました。この地域は数回訪れているが、まだまだ未見の建物があり、今回全踏破!と意気込み出掛けました。 まずは、南海鳥取ノ庄駅西横の孝子越街道(通称、浜街道)を北へ少し歩くと 旧鳥取銀行(現・個人宅)(阪南市鳥取) 鳥取銀行はM33創業で、当時建てられたと思われるが、正確な竣工年は不明です…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more