京阪電鉄沿線を行く1(守口市1学校)

京阪電鉄は、沿線の近代建築をPRをしているが、喜ばしいことです。京阪は、出版物(『鉛筆コンテが観た京阪沿線の建築物-歴史は語る町家、レトロ建築スケッチ集』)も出している。それらは当然超有名建築ですが、それら以外にも近代建築が点在しています。

滝井駅からすぐの
滝井小学校(旧守口第二尋常小学校)(文園町9-3)/RC3
画像
校舎内には1階~2階~3階へ昇降するためのスロープがあるそうです。S9年の室戸台風で校舎が全壊してその後建てられたが、建築年は把握できていません。

守口市駅から旧街道を通って国道1号線に出ると
守口小学校(旧守口尋常高等小学校)(八島町13-40)S11/RC3
画像 画像
大きな校舎で、道路際のやや高い所に建ち威容を感じる外観のです。相当意気込んで建てられたのでしょうか、当時の様子を知りたいものです。